肌バリア機能

乾燥肌のそのスキンケア、間違ってるかも!?

『クラウンセルクリーム』は、洗顔後の保湿ケアがこれひとつで済んでしまう、オールインワンタイプのクリームです。

 

 

クリームを言うと油っぽくてべたつくイメージを持つ方もいるかもしれませんが、クラウンセルクリームはサラッとした使い心地です。

 

 

なのにしっかりと肌の保湿ができ、その状態を長時間キープすることができるのは、クラウンセルクリーム細胞間脂質にきわめて近い成分でできているからです。

 

 

細胞間脂質とは、細胞と細胞の隙間を埋めている油分(皮脂)のことです。

 

 

主成分は、美容成分としても名高い“セラミド”です。

 

 

細胞間脂質には2つの役割があります。

 

 

ひとつは外部からの異物(ホコリやダニなど)の侵入を防ぎ、さまざまな物質から受ける刺激から肌を守ることです。

 

 

そしてもうひとつは、肌の内部の水分を逃さないようにキープすることです。

 

 

つまり、細胞間脂質は2種類のバリアの役目を担っているのです。

 

 

クラウンセルクリームは細胞間脂質の働きをサポートすることで、潤いのある健やかな肌をつくってくれるのです。

 

>>クラウンセルクリーム【最安値】通販ショップはコチラ<<